バーコード専門技術者資格認定試験・講習会のご案内|日本自動認識システム協会

第5回 バーコード専門技術者資格認定試験・講習会のご案内

資格認定試験の目的

この制度は、自動認識技術やシステムの導入・改善等の技術的ニーズに的確かつ迅速な対処ができるよう、エンジニアリング業務・システム業務に従事する自動認識技術者を育成し、増加させるために、当協会が講習会・試験を開催し、合格者の資格認定登録を行うものです。

資格の等級には、自動認識基本技術者と自動認識専門技術者の2種類があり、今回実施するのは、自動認識専門技術者のうちバーコード専門技術者の資格認定試験です。

資格認定試験の受験対象者

本資格認定試験を受験できる方は、これまでの基本技術者資格認定試験の合格者となります。また、受験される方は下記5.の講習会を受講し、受験要件(全講習の2/3以上を受講)を満たす必要があります。

なお、前回の同試験(第4回 バーコード専門技術者資格認定試験)の受験者が再受験される場合は、前回の講習で受験要件を満たしている方であれば、今回の講習会を受講せずに受験することが可能です。

バーコード専門技術者資格認定試験の内容

バーコード専門技術者資格認定試験は、バーコードに関する高度な知識および応用知識の修得に関して試験を行います。主な内容は次の通りです。

  1. 基本技術(バーコード・二次元コードとは)
  2. シンボル仕様(バーコード、二次元コード)
  3. 印刷・プリンタ
  4. 印刷品質
  5. リーダ
  6. ダイレクトマーキング
  7. モバイル
  8. 応用事例

資格認定試験の方法

バーコード専門技術者資格認定試験は、多肢選択式(複数の選択肢・用語の中から答えを選ぶ)30問、記述式(計算問題を含む場合有り)4問で行います。

講習会の開催

受験申込者を対象に 3 日間の講習会を開催します。

なお、前回の同試験(第4回 バーコード専門技術者資格認定試験)の受験者が再受験される場合は、前回の講習で受験要件(全講習の2/3以上を受講)を満たしていれば、今回の講習会を受講せずに受験することが可能です。

講習会・資格認定試験の日時・時間

講習会

定員予定:30名

次の日程で3日間の講習会を開催します。全日程の3分の2以上を受講しないと受験できませんのでご留意下さい。

第1日目 平成30年2月15日(木)
ガイダンス9時00分~9時05分
講習会9時05分~16時30分 (昼食1時間)
第2日目 平成30年2月16日(金)
講習会9時00分~16時30分 (昼食1時間)
第3日目 平成30年2月17日(土)
講習会9時00分~15時30分 (昼食1時間)

※上記時間は都合により変更することがあります。予めご了承ください。

資格認定試験

平成30年2月24日(土)
受付13時00分~13時40分
試験14時00分~15時30分

※13時50分までに着席してください。

講習会・試験の会場

当協会会議室で開催します。

住所:東京都千代田区岩本町1-9-5 FKビル7階

試験合格者の登録など

試験合格者には、当協会より資格登録証書ならびに登録証(カード)を発行いたします。また、当協会のWebサイトで氏名を公表いたします。(※希望により匿名公表も可能です。)

受講・受験の手続き

受付期間

平成30年1月15日(月)~1月31日(水)

ただし、定員予定(30名)に達し次第、受付を締め切らせていただきます。

受講・受験料の額(税込み)

当協会会員企業に所属されている方40,000円
非会員企業に所属されている方60,000円

※専用テキストの改版により、今回の講義内容が前回から変更される場合があります

使用するテキスト

講習会のテキストは、当協会が作成した専用テキスト「バーコード専門技術者資格認定試験テキスト」(非売品)を、受講・受験のお申込み時にご案内書類と共にお届けします。

テキスト目次 (約100ページ)

  • 第1章 バーコードとは
  • 第2章 一次元シンボルの補足
  • 第3章 二次元シンボルの補足
  • 第4章 バーコードプリンタの補足
  • 第5章 バーコードリーダーの補足
  • 第6章 印刷品質・検証器
  • 第7章 ダイレクトマーキング
  • 第8章 フラットパネルディスプレイ
  • 第9章 モバイル二次元シンボル
  • 第10章 応用事例

講習会で参考にする書籍「よくわかるバーコード・二次元シンボル」(一般社団法人日本自動認識システム協会 編、株式会社オーム社発行)は受講者各位でご用意ください。

申込方法

お申込みの流れ
  1. 受験希望者からのWeb申込み
  2. 申込者へ受験料の払込方法他のメール発信
  3. 入金確認(この時点で正式受付となります)
  4. 受付完了者へ受講・受験票発行用メール発信、教材他資料送付
  5. 受講・受験の初日に、写真を添付した受講・受験票を提出

※一旦入金された受講・受験料は理由の如何にかかわらず返還できません。

調査・研究活動

自動認識の基礎セミナー

省庁からの通知等(会員専用)

広報活動

アクセス

  • 〒101-0032

    東京都千代田区岩本町1丁目9番5号

    FKビル7階

  • TEL.03-5825-6651(代)
  • FAX.03-5825-6653

所在地マップ