RFID関連の公開資料|日本自動認識システム協会

RFID関連

ガイドライン等

●平成30年6月UHF帯RFタグ運用ガイドライン(第1版)
UHF帯RFタグの運用(導入検討からシステム構築・利活用および廃棄まで)において、配慮すべき事項について取り纏めましたので、ご利用願います。
●平成30年6月RFID機器運用ガイドライン(植込み型医療機器等への影響に関する対応策)Rev.C
RFID機器の設計・製造者や、販売・施行・運用・保守等を行う専門業者を対象にして、植込み型医療機器等への影響に対する対応策を示したガイドラインです。
平成30年3月31日をもって、950MHz帯RFIDは制度的に使用することが出来なくなりました、これに伴い950MHz帯専用のハートマークも使用する必要がなくなりますので、機器運用ガイドラインおよびQ&A集を改訂しました。
●平成30年6月RFID機器運用ガイドラインQ&A集(植込み型医療機器等への影響に対する対応策)Ver.F
RFID機器運用ガイドラインに対してのQ&A集です。
平成30年3月31日をもって、950MHz帯RFIDは制度的に使用することが出来なくなりました、これに伴い950MHz帯専用のハートマークも使用する必要がなくなりますので、機器運用ガイドラインおよびQ&A集を改訂しました。
●平成30年4月UHF帯(920MHz)電子タグ利用状況の調査報告書
一般財団法人流通システム開発センター殿から受託して、UHF帯(920MHz)電子タグ利用状況の調査を実施いたしました。
●平成30年1月JAISA RFIDステッカ有償支給に関するご案内
内容を一部修正致しました。
●平成29年9月920MHz帯RFID構内無線局免許・登録申請に関して(第3版)
電波利用料の改訂等に伴いRev.03としました。
●平成29年5月UHF帯RFID標準コード体系ガイドライン ver1.3
UHF帯RFタグへ書込む標準コードに関する考え方を、ガイドラインとして取りまとめました。
RFタグへの書込みは、プライベートコードではなく、標準コードをご使用ください。
ガイドラインを改訂いたしましたので、ご活用願います。
●平成28年4月ハートマーク運用中止のお知らせ
平成27年度に実施された総務省事業による、「電波の医療機器等への影響に関する調査」の結果報告を受けて、ハートマークの運用を中止致します。
●平成27年10月RFID人体防護ガイドライン
電波防護指針及び適合確認方法に関する解説書を改訂いたしました。
平成27年10月。公開範囲を会員専用から一般に変更しました。
●平成27年8月920MHz帯(パッシブ型)RFID周波数利用ガイドライン
●平成27年5月RFタグの捨て方
●平成27年5月ラベル型RFタグ取り扱い注意事項
●平成27年5月RFID機器の電波の安心・安全への取り組み

RFID関連(過去情報)はこちら

調査・研究活動

自動認識の基礎知識セミナー

省庁からの通知等(会員専用)

広報活動

アクセス

  • 〒101-0032

    東京都千代田区岩本町1丁目9番5号

    FKビル7階

  • TEL.03-5825-6651(代)
  • FAX.03-5825-6653

所在地マップ